--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
03.15

じしん

Category: 東雲仄
お久しぶりです。東雲仄です。

3月11日に大きな地震がありました。
被災したたくさんの方々、救助に尽力してくださってる方々、一生懸命働いてくださってる方々、支援をしてくださっている方々など、いまも多くの人々が色々な思いを抱えて過ごしていると思います。

私のほうは、揺れによって家具が倒れたり食器などが割れたりしましたが、特にケガはありません。
いまはライフラインも大丈夫です。
家の片付けで全身筋肉痛になりましたが…いや運動不足なだけじゃないですよ!


被害状況を見ていると、本当に胸が痛みます。
ですが、希望を捨てずに頑張っている人がたくさんいて、それによって救われている人や生き延びている人がたくさんいます。
それを忘れてはいけないと思っています。


今までの数日間、ずっと報道を追っていたら精神的な疲れを感じました。
両親の会話にもストレスがみられて、これはまずいと感じています。

災害時ですから、ネガティブな情報が多く、またそれが優先されるのは仕方のないことです。
テレビを消そうと思いましたが、「情報元を断つわけにいかない」ということで消せず。
(ラジオはどうも慣れなくて使ってません;ただしこういうときはラジオに切り替えるのが有効だと聞いてます)

そんな状況なのですが、今日は11日に作る予定だった道明寺を友達も呼んで一緒に作って食べました。
いや、作ったのはぼた餅なんですけど。
もち米炊くときに食紅入れ忘れまして、ぼた餅に変更。
友達も一緒なので会話が盛り上がり、母も楽しそうでした。
あとで帰ってきた父にも食べてもらって、なんだか少しほっとしました。
テレビも「食事中は報道以外の番組に変えよう」と一番熱心に報道ばかり見ていた父が言い出したり。

いまの私は命の危機に直面しているわけでも生活に困窮しているわけでもありませんが、無意識に自分の不安と戦って疲弊していることに気づきました。
そう自覚してからなぜか意識がしっかりしたような気がします。

それぞれの状況で、立場で、考え方で戦っていて、助けあっていること。
「ひとりじゃない」ってよく聞くありふれた励ましのセリフが、いまはとても大きな質量で確かに存在していることを実感しています。


家族を放置してしまうのでPCは控えているのですが、ケータイで見るネット情報がいまの心の支えです;
ツイッターなんかでは笑わせてくれる記事や画像をツイートしてくれる人がいて、不謹慎だと思う人もいますが、私は本当に助かっています。
クスって笑わせられたとき、ほわりと緊張がほどけるのを感じます。
少しだけニコ生を見たり、音楽を聴いたりするのもずいぶん落ち着きました。


どうかみなさん、笑顔を忘れないでください。

悲しい思いや辛い思いをしている方々には、少しでも救いがあることを。希望が生まれることを祈っています。
働いて、私を含めたくさんの人の命や生活を支えてくださっている方々には感謝を。本当に頭が下がる思いです。過労や事故にだけは十分お気をつけてください。

また、被災地の支援のために動いてる方々、一般人の支援を届けるのはなかなか難しいことですが、私もできることを行っていきます。

まだ余震は続きますし、安否のわからない方や原発のことなど心配はつきませんが、
みなさん、それぞれの場で戦って、頑張って生きましょう。

乱文で申し訳ないですが、ここまで。
明日はアルバイト頑張ってきます。良い夢を。おやすみなさい(*´v`*)
トラックバックURL
http://plusticblog.blog47.fc2.com/tb.php/114-1ced222f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。